« 「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール)」2014-15秋冬東京コレクション | トップページ | 春のカジュアルトレンド☆GAPの新提案で決まり »

2014年3月17日 (月)

「アンディ・ウォーホル展 永遠の15分」の問いかけから、現代ファッションを感じる

Pic001

Pic003

先日、やっと「アンディ・ウォーホル展 永遠の15分」
(六本木ヒルズ・森美術館で5月6日まで開催)

国内最大級の約700点という規模で、ポップアートの象徴的存在だった
アンディ・ウォーホル(1928~87年)の作品世界を回顧する大型展です。

スーパーマーケットを模したセットを組んで開催され、話題を集めた
2014-15秋冬・パリコレクション「CHANEL(シャネル)」のショー。
ジェレミー・スコット氏が手掛けた「Moschino(モスキーノ)」の
初ランウェイショーでは、「マクドナルド」や、「ハーシーズ」、
「スポンジ・ボブ」などの見慣れたデザインが大胆に取り入れられました。

ウォーホルのポップ精神は形を変えて
現代ファッションにも受け継がれているように感じました

感想をこちらに書きましたので、ご覧下さい

「アンディ・ウォーホル展 永遠の15分」の問いかけから、現代ファッションを感じる

http://www.apalog.com/riemiyata/archive/129

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最旬ファッション情報満載!
◆グラム【宮田理江の「ファッションeye」】更新中~
http://blogs.glam.jp/riemiyata/

着こなしに役立つアイデアや小ネタ満載!
◆アパログ【宮田理江の「おしゃれhack」】更新中~
http://www.apalog.com/riemiyata

|

« 「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール)」2014-15秋冬東京コレクション | トップページ | 春のカジュアルトレンド☆GAPの新提案で決まり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アンディ・ウォーホル展 永遠の15分」の問いかけから、現代ファッションを感じる:

« 「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール)」2014-15秋冬東京コレクション | トップページ | 春のカジュアルトレンド☆GAPの新提案で決まり »