« A DEGREE FAHRENHEIT(エーディグリー ファーレンハイト) 2013-14年秋冬東京コレクション | トップページ | NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール) 2013-14年秋冬コレクション »

2013年3月24日 (日)

JUN OKAMOTO(ジュンオカモト) 2013-14年秋冬東京コレクション

P1_6

P2_7

P3_7

P4_5

「A sweet breakfast for her who dislikes coffee
(コーヒー嫌いの彼女のための甘い朝食)」。
彼氏がスイーツをこしらえてあげる一夜といった
ストーリー仕立てのテーマを選んだ岡本順デザイナー。
「JUN OKAMOTO(ジュンオカモト)」2013-14年秋冬コレクションでは、
甘すぎないテイストの大人ガーリーを提案し、
肩の凝らないエイジレスな装いに誘いました。

物語を紡ぐところからコレクションを組み立てていく手法の
岡本デザイナーは今回、招待状にもコーヒー豆を同封。
来場者には1杯のコーヒーが振る舞われた後、スイーツの甘さと
コーヒーの苦みが交錯するようなショーが幕を開けました。

スイーツモチーフをプリントしたワンピースやコーヒー色の
ジャケットが登場し、カフェのようなくつろいだ気分に。
襟だけ柄をあしらったジャケットや、裾だけ色を変えた
シャツなどが装いに変化球を投げ込んでいました。

背中の演出に凝っていたのも、今回のみどころの1つ。
ジャケットの背中側にだけ、シャツと同じ柄を配して、
同柄レイヤードに見せたり、結び紐をわざと背中側で
露出したりして、バックビューに動きを添えています。
メンズはシャツ裾をウエストアウトしてくつろいだムードに。
ドローストリングスを垂らしてリラクシングな装いに整えていました。

P5_5

コレクション写真はこちら☆
http://www.apparel-web.com/collection/2013aw/tokyo/jun-okamoto/

JUN OKAMOTO
http://www.junokamoto.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最旬ファッション情報満載!
◆グラム【宮田理江の「ファッションeye」】更新中~
http://blogs.glam.jp/riemiyata/

着こなしに役立つアイデアや小ネタ満載!
◆アパログ【宮田理江の「おしゃれhack」】更新中~
http://www.apalog.com/riemiyata

|

« A DEGREE FAHRENHEIT(エーディグリー ファーレンハイト) 2013-14年秋冬東京コレクション | トップページ | NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール) 2013-14年秋冬コレクション »

Tokyo Collection」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JUN OKAMOTO(ジュンオカモト) 2013-14年秋冬東京コレクション:

« A DEGREE FAHRENHEIT(エーディグリー ファーレンハイト) 2013-14年秋冬東京コレクション | トップページ | NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール) 2013-14年秋冬コレクション »