« 「Deuxime Classe(ドゥーズィエム クラス)」が六本木ヒルズに移転オープン☆ | トップページ | beautiful people(ビューティフルピープル) 2013-14年秋冬東京コレクション »

2013年3月24日 (日)

Atsushi Nakashima(アツシナカシマ) 2013-14秋冬東京コレクション

A4_2

A1

A2

A3_2

中島篤デザイナーの「Atsushi Nakashima(アツシナカシマ)」
「Two Faces」をテーマに、デザインや素材をひとひねりして
二面性を際立たせた作品を発表しました。

ファーストルックのワンピースは、首周りでは目が詰まっていた
ヘリンボーン柄が裾に向かうに従って徐々に間延びしたモチーフに
変わっていき、腰から下ではストライプ柄に化けています。
柄だけではなく、素材もウールからキュプラへとだんだん変化していく
凝ったディテールで、1着の服に2種類の表情を持ち込んでいました。

その後も「2つの顔」を持つ作品が次々と登場。シャツとジャケット、
ベストとアウターを相互乗り入れさせたようなフォルムの融合を進めました。
エッシャーのだまし絵を見るような体験が味わえます。
服飾の常識を書き換えるようなウィットに富んだたくらみが目を驚かせます。

デコルテあたりを見ると、グレーのデニムシャツのような見栄えなのに、
視線を下げていくと、少しずつ色が抜けて、風合いもソフトに。
膝から下はエレガントにドレープが波打つロングスカートに様変わり。
思わずもう一度、上下を見比べてしまう劇的な演出です。

色はあえて黒やグレー、白などの無彩色を主体にして、
デザインの冒険にフォーカスを寄せています。
1着に2つ以上のアイテムが混じり合っているので、
1枚なのにレイヤードしているような重層的な見栄え。
モチーフの変化やダイナミックな切り替えが体型を
スッキリ見せてくれるような効果も発揮していて、
服の新しい「かたち」を発見するようなショーとなりました。

A5

コレクション写真はこちら☆
http://www.apparel-web.com/collection/2013aw/tokyo/atsushi-nakashima/

Atsushi Nakashima
http://www.atsushinakashima.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最旬ファッション情報満載!
◆グラム【宮田理江の「ファッションeye」】更新中~
http://blogs.glam.jp/riemiyata/

着こなしに役立つアイデアや小ネタ満載!
◆アパログ【宮田理江の「おしゃれhack」】更新中~
http://www.apalog.com/riemiyata

|

« 「Deuxime Classe(ドゥーズィエム クラス)」が六本木ヒルズに移転オープン☆ | トップページ | beautiful people(ビューティフルピープル) 2013-14年秋冬東京コレクション »

Tokyo Collection」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Atsushi Nakashima(アツシナカシマ) 2013-14秋冬東京コレクション:

« 「Deuxime Classe(ドゥーズィエム クラス)」が六本木ヒルズに移転オープン☆ | トップページ | beautiful people(ビューティフルピープル) 2013-14年秋冬東京コレクション »