« ゆるやかフェミニンな春の巻物術! | トップページ | 産経新聞で「ミラノコレクション」記事が掲載されました! »

2009年3月29日 (日)

[東コレ]MIKIO SAKABE/AKIRA NAKA/writtenafterwards

A会場の真ん中に何本ものキャンドルを置き、スモークの中、ショーを送り出したのが、「MIKIO SAKABE(ミキオ サカベ)」。キャンドルの優しい灯りと煙霧の中から現れた服もソフトな印象。ボリュームを持たせたキルティングの丸みを帯びたジャケットや、ティアードスカートは歩くたびに控えめな揺らめきを演じた。パーカーに合わせたジョッパーズはセンタープレスが入ってノーブルな表情。細かいプリーツ加工のスカートやジャケットとの合わせは柔らかい。思わず手で触れたくなるウール素材と色展開は共にラグジュアリーに仕上がっていた。

B「AKIRA NAKA(アキラ ナカ)」は、ロシアの女性の持つ強さ、エレガンス、ノーブルさをテーマに、クラフトマンシップとモードの発信力を高めた見事なコレクションを魅せた。ブランドアイコンとするウール布帛からニットへと切り替わっていく「グラデーションニット」という技はさらに進化し、ジャケットやスカートとのコーディネートが提案された。メガトレンドとなっている、テーラードジャケットやスキニーレギンスのコーデにも注目したい。ジャケットの襟周りやネックレスとして使われていたジップ使いは独自性を発揮していた。ローゲージ編みニットに施されていたジップにもスパイスをプラス。ニットのレギンスは、まるでタトゥーのように肌にフィットし、「グラデーションニット」ジャケットとのコーデが冴えていた。

C_2D「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」は、ド迫力のショーを発表。巨大な紙くずやゴミ箱がそのままランウェイを歩いた(モデルはその中に)。紙やアルミホイル、ガムテープ、ゴミなどで作られた巨大なオブジェたち。そしてアルミホイルやガムテープで作られぶら下がったワンピースを着てモデルがゴミ箱をカートのように引きずって歩く。最後は、黒い巨大な薔薇のオブジェになってモデルが登場するというダイナミックさ。これらがどのように既製品として販売されるのかはナゾだが、ファッションデザイナーでありながらも、もともと「人間の様相、流行のデザインを捉え、教育、社会、文化、環境の観点を持ったコミュニケーションツール」として活動しているだけに、現代アートを感じさせる新感覚で、アートとエコが融合された新しい世界観を感じさせた。

|

« ゆるやかフェミニンな春の巻物術! | トップページ | 産経新聞で「ミラノコレクション」記事が掲載されました! »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [東コレ]MIKIO SAKABE/AKIRA NAKA/writtenafterwards:

« ゆるやかフェミニンな春の巻物術! | トップページ | 産経新聞で「ミラノコレクション」記事が掲載されました! »