« ローランド・モーレット復活 | トップページ | アパルトモン ドゥーズィエム クラス/エディット フォー ルル A/W collection »

2007年7月16日 (月)

「スキン+ボーンズ」-1980年代以降の建築とファッション

Skin「Skin + Bones(スキン+ボーンズ)」の展覧会に行って来ました@国立新美術館 。
建築とファッションは、人間の身体を守るシェルターとしての本質を共有しているというテーマに沿って、それぞれの作品を交互に展示されています。
とっても見応えのある展覧会で、じっくりファッションと建築を見比べていくとリンクしていく感じがよかったです。
ファッションも建築もまずは平面から始まるということ。
ファッションは平面の紙にパターンを書く、建築は平面の紙に設計図を書く、というようにクリエイティブのプロセスが一緒なんだということです。
「ボーンズ」は骨となるもの。洋服のパターンと建築の設計図がよく似ていたのがNY発ナルシソ・ロドリゲス氏のパターンです。まるで設計図のような構築的なパターン。またコンピューター・プログラムによるドレスの裁断図も。
「スキン」は外側。外側なので、洋服でいうと過剰なボリュームだったり、建築で言うと柱より過剰に飛び出した建物だったり、がリンクしていました。青山のプラダ・ブティックやTOD'S表参道ビルなどの外観デザインも「スキン」です。
こうやってファッションと一緒に見ていくと普段見慣れている建物って実は面白いんですね、勉強になりました。
オススメ展覧会です。本も買っちゃいました☆

スキン+ボーンズ-1980年代以降の建築とファッション
国立新美術館
2007年8月13日(月)まで
http://www.nact.jp/exhibition_special/2007/skin_and_bones/index.html

|

« ローランド・モーレット復活 | トップページ | アパルトモン ドゥーズィエム クラス/エディット フォー ルル A/W collection »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

rieさんこんばんは~♪
建築もファッションも対象物の個性や存在価値を高めるという共通の目的があり、また一つ一つにそれぞれの思いが詰まっているんですよね。人が生み出すものの温かみやイマジネーションにいつも驚かされます。
 それにしてもファッションと見比べてみる!という観点はさすがですね。共通点が多いということにも凄いなぁって思いました。

投稿: azumatchi。 | 2007年7月17日 (火) 22時10分

azumatchi。さん

こんばんは☆
ファッションと建築にどこに接点が!?なんて見る前は思っていたのですが、実際会場で、見比べていくと共通点が多くて!
じっくり考えながら見たので、頭を使いましたよ~!

投稿: rie | 2007年7月17日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スキン+ボーンズ」-1980年代以降の建築とファッション:

» ビビアンウエストウッドの最新人気商品情報 [ビビアンウエストウッドの最新人気の商品について]
ビビアンウエストウッドについての最新情報をお届けします。人気商品から最新商品情報まで随時更新していきます。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 09時24分

« ローランド・モーレット復活 | トップページ | アパルトモン ドゥーズィエム クラス/エディット フォー ルル A/W collection »